在宅ワーク記事

在宅ワーク求人ニュース

在宅ワーク記事

在宅ワークの実態

在宅ワーク(SOHO・テレワーク)は日本や先進国でも非常に注目されている新しい
働き方です。
株式会社アクスイリュージョンはITを駆使して、日本全国・アメリカ・韓国・中国
などに在住のワーカーの稼働実績を持ち、日本人のみを対象とした募集しております。
弊社の強みは在宅ワーク100%であることです。部分的に在宅ワークという企業は
多く存在しますが、純粋に100%で運営している会社は皆無なのが実情です。
在宅ワーカー運営に際してはワーカーをどう評価するかが重要なポイントです。
対面式の面談をすることなく、履歴書・予備書類でその方を評価することから始まり、
その後の運用面に於いても正確な評価基準を維持していかなければなりません。
弊社は8年間(2014年)、試行錯誤を繰り返し、ノウハウを蓄積して、システム化し
更に継続して試行錯誤を行っております。
在宅ワークを推進することは地域の賃金格差をなくすことができることです。これは
働く人に取って凄く重要な事であり、地域貢献の観点から見ても言うまでもありませ
ん。地方経済の活性化には不可欠になることと推測しています。また弊社も日本全国
を対象に求人ができることで優秀な人材を確保しやすいというメリットがあります。

在宅ワークの賃金は安くない

在宅ワークのイメージは内職的なイメージが強いと思いますが、今はそんな時代では
ありません。弊社では特に人材は相応の報酬を払わなければモチベーションを保つこ
ともできないし、優れた人材も会社に残らないと考えています。人材は会社の品質で
あり、品質が保てなければ会社を維持することは難しいと考えております。
弊社では実績として在宅ワーカーながらも時給換算2100円(2014年)を達成するスタ
ッフも実在し、それを目指してみんなが一生懸命働くことで、在宅ワークを本業とす
ることが実現でき、ワーカーにも魅力ある環境を提供して行きたいと考えています。

在宅ワークは通勤が無いこと肉体的なストレスが無いこと。

どんな仕事でも、身支度を含めると、外で働こうと思えば1日1時間以上はロスして
いることになります。単純計算すると1時間を月に(25日勤務)換算すると25時間、
1年で300時間、30年で9000時間のロスになります。
更に通勤ストレスなどを考慮すると在宅ワークには充分魅力があることに気づかれると
思いますし、事実心にゆとりが生まれます。

これからは自分次第で働こう。

高校受験も、大学受験も自分次第であるように、社会人も自分次第であります。限られた
時間で生産性を高め、会社も努力し、ワカーも自ら生産性を高める努力は必要不可欠です。
弊社も含め、中小企業は慢性的な人材不足と言われていますが、優秀なという条件が付いて
いることを働く側は忘れてはいけません。優秀と言っても、才能のある方ではなく、会社に
言われなくても、自分で課題を克服できる人材です。せっかく時間にゆとりができても、その
時間を有効に活用できれなければ意味がありません。

弊社が求める人材

弊社は真面目で安定感のある人材を募集しております。初心者でもできる仕事を提供しており
ます。是非、一度挑戦して見て下さい。

在宅ワーク求人のTOPページはこちらから

現在地:トップページ在宅ワーク関連ニュース