仕事募集|在宅ワーカーを活用して事務コストやスポット的な仕事の発注をお待ちしております

在宅ワーク求人ニュース

仕事募集|在宅ワーカーを活用して事務コストやスポット的な仕事の発注をお待ちしております

他社との違い

弊社で実稼働1年以上の実績のある在宅ワーカーに仕事を依頼するので、責任ある仕事を行います。また、その在宅ワーカーが退社時も業務の引き継ぎなども他の在宅ワーカーに引き継ぎを行わせます。
安心して仕事依頼が可能です。また秘密保持契約も在籍のワーカーと弊社で契約済なので、情報が漏洩する事もありません。

在宅ワークは企業に注目を浴びている

在宅ワーカーに仕事を依頼したいと言う企業は非常に多くなっております。しかし発注数が、少ない場合、募集・運用まで含めるとかえって割高になってしまう事も多々あります。弊社は在宅ワーカー運用実績7年間で、高いノウハウと情報を蓄積しております。
少ない仕事でも安定的に運用して参ります。

発注費用の目安

発注作業は工数計算を致します。事務作業1時間工数でおおむね3000円にてお願いします。在宅ワーカーは安く利用するのではなく、スポット的な短時間作業を依頼するという形式でお願いします。(1時間未満も1時間工数とさせて頂きます)

在宅ワーカー活用例

定期的な作業、月2回程度の事務作業
・毎月15日~20日の期間内で、事務作業を依頼。
作業工数1H 料金3000円
・毎月30日~翌5日の期間内で、事務作業を依頼。
作業工数1H 料金3000円
提出方法はメールにて。

このように、月2回程度の1時間作業を、自社スタッフが徹底されない、どうしても作業が規則的に進まない場合などにおすすめです。

仕事発注フォーム・問い合わせフォーム

在宅ワーカーに抵抗がある企業様へ

在宅ワーカーの中にはしっかりと責任感のあるスタッフが居ます。逆に途中で仕事を放りだしてしまう方も居ます。それは顔が見えないからではありません。その人の本質であると弊社では考えています。顔が見えなくても責任をもって対応する素晴らしい人材がおり、弊社では常時全国的に募集を行っています。

在宅ワーカーを活用して事務コストの削減と業務徹底を実現

雇用されているスタッフは徹底された仕事を行わなかったり、手を抜いたり、一般的な工数よりも多く時間をかけていたりするケースがございます。
今では システムソフトを駆使して、パソコンでつながる時代。入力業務・請求業務・ホームページの運営作業なども在宅ワーカーを活用して、工数に対しての費用を支払う形式が主流です。
在宅ワーカーに仕事を分担して行く事で、大幅なコストダウンを実現できます。
但し、ノウハウや業務手順が確立されるまでに時間がかかるので、忍耐強く対応をお願いします。弊社はあくまでも窓口となりますので、各社で業務手順・ノウハウは蓄積して頂く形になります。

現在地:トップページ在宅ワーク関連ニュース