在宅ワークのプロを目指そう

在宅ワーク求人ニュース

在宅ワークのプロを目指そう

在宅ワーク

机上でどれだけ稼げるか!

在宅ワークとは、あなたの机でどれだけの生産性の高いサービスを提供できるかを考えて、収入の柱を作り出して行く、1つの事業(起業)です。机上でできるサービス・業務のみを仕事を探し出して組み合わせて行くことで1つの在宅ワークを形成します。それがオリジナルで、将来性のあるものであれば1つのビジネスとして確立され有望な在宅ワーカーとなります。

在宅ワークを考える

雇われることは安定ではない

在宅ワークでは最初から多くの収穫を望むことは不可能です。それはリスクも低く自分の能力だけで起業するからです。よって大半の方が最初の「赤字」状態に耐えられず辞めて行きます。しかし、店舗型の起業などでは最初の投資が1000万円、1500万円などで、初年度の収支を見れば99%が赤字であるケースがほとんどです。これを創業赤字と言います。これがあるから2年目は本気で考えるのです。
在宅ワークの起業の方が辞めてしまう場合は雇用されることですが、正直、経験や知識が劣ることから中々雇用されないのが実感ではないでしょうか?仕事を選ばなければまだまだ雇用はされますが、収入面の安定さはあっても実は、リストラされる可能性は非常に高く、再雇用されにくい年代になって手賃金者がリストラに遭うと、ほぼ再起不能ではないでしょうか?

企業は即戦力の人材は募集をするが、即戦力にならないスタッフは募集を控えて行くというのは今後も続く傾向であります。10年前、20年前の雇用環境の復活はあり得ないと思われます。それはもしあなたが経営者だったらを考えて見て下さい。育成しても離職してしまう方が多く、戦後のように、会社の為に全力を尽くし、最後まで働く会社と考える人が少ない故に仕方のないことです。そうすれば反面、企業の考え方も変わるのです。
そう考えると即戦力だけを雇用するのが一番ベストであり、企業が生き残る為の術であるからです。

これからは、教育から始まり、雇用される人材は一握りであり、大半は即戦力でなければ、雇用されないのではないでしょうか?企業が莫大な赤字になる原因は抱える人件費と、その教育費など雇用が生む更なるコストであります。

在宅ワークの収入アップ

3年やれば本物。3年が勝負

収入を上げる為には挑戦することや工夫することが絶対条件です。他者よりも優れたサービスを提供できる。優れた技術を提供できることが大切になります。その結果、価値が生まれ、収入が増えるのです。
机上で1工数6000円(1時間あたり)の仕事を得ることで、収益力は非常にあがります。それが1日1つでもあれば、1日1時間の仕事で6000円、その他収入で4000円だとすれば1日1万円、起業家として自身を商品として売り込み、空いた時間は将来の為の種まきをする。
在宅ワークも3年続ければ本物です。

*1工数とは一般的な工賃です。Z(例:マッサージやエンジニア、整備工賃など人件費だけの工賃相場は1時間で6000円~8000円が今の相場です)

現在地:トップページ在宅ワーク関連ニュース