1日2時間を得するのは在宅ワーク、在宅ワーカーは1日26時間と同じ価値があります

在宅ワーク求人ニュース

1日2時間を得するのは在宅ワーク、在宅ワーカーは1日26時間と同じ価値があります

在宅ワークでは、家が職場。よって通勤、身支度などが必要ありません。
パートのお仕事で家から近くても、おおよそ1時間半位はロスタイムがあります。
通勤している方は3時間程度はロスがあるはずです。
在宅ワークにはそれが0分です。

この1時間半~3時間をどう活用できるかで、1日26時間の付加価値をつけることができます。また地域による賃金格差の出ない統一報酬システムなので、北海道から沖縄まで同じ報酬で働けます。

1日が26時間の価値がある。それは在宅ワークの強み

現在地:トップページ在宅ワーク関連ニュース