在宅ワークで(雇用でも同じ)生き残る為のテクニック

在宅ワーク求人ニュース

在宅ワークで(雇用でも同じ)生き残る為のテクニック

在宅ワークの資料請求の際にいくら位報酬を頂けますか?どれ位電話は鳴りますか?とよくご質問を頂きます。仕事とは片側で報酬が決まる事はございません。
仮に100本の電話が鳴っても、10本で一杯になってしまう方も居ますし、そつなく電話を受ける方もおります。よって能力により大きく差がでるのです。同じ仕事でも付加価値により商品価格が異なるように、仕事も同じく異なります。
まず仕事への意識を高く持つことにより、かなり仕事の効率は変わります。
また生き残る為には、「暇な時間」をどう生かせるかが一番のポイントとなります。

暇だから何もしない、テレビを見ている、余談をしている方と、何かに取り組む方。これを1日1時間で仮定すると、1年で365時間分、1日10時間労働で仮定すると36日分に相当します。つまり36日分を多く働いている方と遊んでいる方には大きく差が出てしまうのは当然です。また10年間で計算すれば360日分、1年分となるわけです。

給料の差や、出世する方としない方の差は「暇な時間をどう過ごしているか?」がポイントと思われます。

暇な時間をどう生かすか?が在宅ワーカーの決め手となります

現在地:トップページ在宅ワーク関連ニュース