転職は損か得か

在宅ワーク求人ニュース

転職は損か得か

転職を考えている方に待った!

今、転職を考えている方、それは本当に得をしているのか?
しっかり考えよう。職業選択の自由と転職の自由は全く違う!
もちろん、自分に向き不向きはあるが、企業を変えても自分が
変わらなければ何も変わらない。働く人は企業に合わせた形で
働かなくてはならないからだ。なぜならば、企業は利益の為の前に
お客様・取引先からの信頼を得なければなりません。そのベクトルは
どこの企業(公務員は除く)も変わらないので、結局は転職をしても
また壁にぶつかってしまう。
履歴書を熱心に書くのはいいが、一般的には転職をする人は社会的信用
を得られにくい。もちろん転職するとキャリアが上がるのであれば、問題
ない。フリーエージェントのようにスカウトされるような転職ならキャリア
に傷がつくことはない。
けれど、多くは求人情報などを見て、転職をしている方が多いが、これだと
企業からの信頼も、社会的な信用も低くなってしまいます。

どう考えても転職は不利

転職が多いとマイホームを持とうと銀行に融資を依頼すると断られる可能性も
高いのです。(融資の否の理由を教えてくれません)
多少年収が高くても転職が多い方や、その企業に所属して浅い方には自力でマイ
ホームは到底難しいかも知れません。
どんな仕事でも10年、20年と続けられる事が信用・信頼となります。
もしあなたが
20歳代なら、会社内で昇給・昇格を目指しましょう。文句を言える年代ではありません。
30歳代なら、今の会社で一生懸命働きましょう。上を目指すチャンスはまだあります。努力。
40歳代なら、かなり厳しい。40歳代で転職を考えている場合は既に昇格ルートから外れて
いる状態です。仕事に対しては諦めた方が良いかも知れません。人生は仕事だけでは
ありません。
50歳代なら、転職というより、リタイアに近いので、家族の状況など考慮すれば転職しても
問題ないのですが、給料アップを目指して求人情報を覗いているようでは、かなり厳しく過酷です。

最終的には1つの会社で長く勤めあげる方が、客観的に見ても信用度は高くなります。
給料が安いからと言って、文句ばっかり言って仕事を変える人は、次の職場でも何も変わらない。
自分自身が誰の為に仕事をして、誰からお金を頂いているのか?能力や生産性はどうなのか?
しっかりと客観的に見れないと、30歳、40歳になっての転職はかなりきついと思われます。

スカウト以外の転職は期間の喪失と収入的にも損をする。

リストラされてしまった場合の対処方

一般的にリストラの対象となるのは、給料と能力を勘案して対象となるか、ならないかが決まります。
また企業内では上司とのコミニュケーション能力なども問われてしまう為、数字が良くても
生産性が高くても、人間性が劣る場合やわがまま、休みがちなどはリストラの対象となるでしょう。
リストラ対象にされたら、潔く良い形で退職する事です。給料を下げる交渉も良いかも知れません。
リストラの対象にされた場合、自己否定するのは大変な事ですが、やはり価値に見合わないと言う事
を受け入れるしかありません。
そしてリストラされた後の再就職は困難を極めます。収入もかなり下がる事でしょう。しかし、その
収入に見合った生活をしなければなりません。落ち込む時間があったら、再就職先を見つけて、生活費用
コストを下げる必要があります。住宅ローンなどで苦しい場合は見切りをつけて、売却してしまいましょう。
身の丈にあった生活をすることと、常にリストラに遭う可能性がある事を肝に銘じて生活スタイルを作り
あげて行く事が必要です。

リストラにあったらは潔く退職するか給料を下げる交渉。生活スタイルも一変させて低コストにする。
「物」に執着せず、スッパリ切り捨てましょう。

企業だけがコスト削減を行うのではなく、個人も生活コスト削減を徹底して行く努力は必要です。企業も個人も同じ、景気や収入の変化に対応しやすい生活スタイルを作り、仕事を一生懸命やる事以外の面でも充実した生活を送ることが望ましいと思われます。今では多種多様の働き方があり、在宅ワークという働き方は不安定なものではなく、本来の自力・実力社会であり、その中で生き残る事は企業に雇用されているのと何ら変わりはありません。今就職しようとする企業の10年後、20年後は姿は誰にも想像がつかないはずです。また人に影響されて昇給や昇格がなされる事が本当に良い選択とは限りません。20年後に突然リストラされる事を加味すると、しっかりと自分の力を磨くことが、将来の自分を想像することを可能とします。

現在地:トップページ在宅ワーク関連ニュース