いじめ体験談の投稿

体験談記事

いじめ体験談の投稿

こちらの投稿を全て実話を元に作成しております。

≪体験談≫

私は小学校から高校までいじめがありました。
いじめと言っても様々あると思いますが
やはり中のいいグループ内でのいじめが多いと思います。
朝突然挨拶しても無視されたり昼ごはんも一人で食べたりとほんとに
辛い思いをしました。
次の日になると次は違う友達がいじめのターゲットとなりました。
ですがわたしは同じことをされたのにも関わらずみんなに嫌われたくないと言う思いから 自分がされたことを相手にもしてしまい、また自分の方に返ってきました。 いじめとはその繰り返しです。 自分がいじめられる側になったら次はいじめる側に回るのです。 これをどう無くしていけばいいか、やはり簡単に無くなることではないでしょう! むしろあってはいけないのです。 いじめられたことで人生が大きく変わる人もいます。 過去に酷いいじめにあって、それから大勢のところにはいけない子など 私の友達が今その1人です。 いじめをする人とは関わろうとしませんでした、しかしすれ違う度にぐちぐち言われていました。ですがほっておくとだんだん相手のほうもなにもしなくなりました。 いじめをする人とは関わらないことをおすすめします 親など先生に言ってもなにも解決してくれませんでした。 解決するのは自分自身だと思っていた方がいいでしょ。 わたしと同じ目にあってる人は何人もいると思います。 ほんとに辛いですよね、ですがあなたは一人じゃないんです。 いじめられてても堂々としていていいんです。 いじめてる人は心が可哀想な人で寂しいだけなんです。 いじめられてる人は弱いのではなくて強いのですよ。 どんなことがあっても生きてると言う楽しさを忘れないで下さい。 辛いこともあれば楽しいこともあります。 人生なにがおこるかなんてわからないのですから。 今を乗り切りましょう。生きていくなかでは我慢は必要だと思います。

≪どう乗り越えて来たか≫

先生や親などに言ってもなんの解決にもならなく 逆にいじめが悪化しました。 しまいには不登校になりましたが しかしこのままだと相手の思う壷です ですので私は直接相手にいいました。 具体的には私はまず1人を呼んで話をしました。伝えることはみんな同じ内容ですが、なんかしたかな?したなら言ってなにも言わないでただぐちぐち言われてもわからないからと伝えたところ、四人の相手からは私は特になにもされてないけどあのこがと言いました。やはり一人がリーダーになって他の者にいろいろと指示を出してたみたいです。みんなは同じことをされるのが怖くて従っていたと言っていました。だから五人で話すことを決めて、リーダーになってる人に話をしました。いじめるの楽しい?楽しいなら1人でやりな、みんなを巻き込まないでといいました。結局みんなもその場を借りて自分たちの思ってることを伝えてスッキリしたみたいです。私自信は一度距離を置くことにして、なんとかいじめがなくなりました。 そうすることによって次の日からは普通に話すことができましたよ。

≪その体験は今となってはどうですか≫

あの頃は本当に辛かったのですが今となれば思い出の一つです。昔いじめにあっていたことによって 自分自身も強くなれたし周りの人が困っていたら助けられる人になりました。

≪今まさに体験している方がいたら、どのようにアドバイスをしたいですか≫

難しいですよね。 自分がされていることを他の人にはやらないで下さいってことですかね?もし暴力的ないじめだったら、先生に言うべきですよね、先生に言ってどうにもならなかったらいじめの話を聞く場所とかがあるのでそこで話を聞いてもらうのもいいアイディアかもしれません。

≪その他ありましたらご記入下さい≫

一時的な事で将来の人生を悲観する必要はありません。人生を楽しみましょう。

<<編集者の言葉>>

いじめは子供だけの社会にあることではなく、大人の社会にもあるんです。子供の時に経験すれば免疫になるかも知れません。子供の社会のいじめは本当に些細なことで、子供には知識や経験が無いから、ある方向に偏ってしまいがちになります。複数の人間が1名をいじめる。これがいじめです。それに対して1人で戦う必要はなく、大人を交えていじめに立ち向かう社会を作ることも大切だと思います。家族・友人などより多くの人々が1つのいじめに対して戦い、数の力で立ち向かう事も必要ではないのかと思います。一生いじめに遭う人生を送る人はまず居ないと思います。いじめを克服したあなたを将来暖かく迎えてくれる人が現れることを信じ、今は別の場所で生きているが、将来のあなたに出会う大切な人が居ることを信じて、あなたを必要とする人の為に、今を乗り切りましょう。そしていじめにあった体験者は、その貴重な体験を「今いじめに遭う子供たちへ」強いメッセージを送って下さい。

いじめは過去の体験になる

苦しい日々も幸せな日々もやがて過去になる日が来る

現在地:トップページ体験談特別記事